人とは違う個性的な名刺を紹介します

人とは違った個性的な名刺の一番のメリットとは、受け取ってくださるかたの印象に強く残ることだと言えます。ですから当然のこととして、良い意味で印象に残るように美しく機能的で爽やかなデザインでなければなりません。しかしデザインやレイアウトなどには個人の好みも強く反映されますので、万人に対して間違いなく好印象を与えるようなオシャレな名刺など、この世には存在しないと考えるべきです。しかも個性的なデザインほど、益々個人の好みによって評価が大きく異なってくる傾向が強くなるものです。それゆえオリジナリティー溢れる名刺を制作したいと希望する場合ほど、その傾向については注意しなければなりません。とにかく強い個性の名刺ほど、受け手に好印象を与えるか、または悪印象を与えてしまうかは紙一重になることもあるのです。

なぜ無難なデザインの名刺が多いのか

サラリーマン社会など世の中を広く見回してみると、無難で平凡なデザインの名刺が多いのか、または奇抜で個性的なものが多いのか、それは誰の目にも一目瞭然でしょう。どう見ても、間違いなく無難で平凡なものが多いのです。一体なぜでしょうか。その理由は無難で平凡であれば、とりあえずは、どんな人にも悪い印象を与えずに済むからです。確かに最近ではプロが制作するデザイン名刺なども普及してきましたが、それでも無難な名刺が今も主流なのです。ですから個性的な名刺を作りたいとしても、是非、この点に関しては考慮しておきましょう。しかし、あまり考慮し過ぎてしまうと個性的な名刺など作れなくなってしまいます。この大きな問題を克服しない限り、真に個性的な名刺を作ることなどはできなくなってしまいます。

個性的な名刺を活用するシンプルな方法

可能な限り好印象を残すオシャレで個性的な名刺とは、現実的に考えると、自分と似たような遊び心のある相手にしか通用しないことが多くなります。したがって、生真面目な人に対しては逆効果になってしまう危険があります。そんな危険を回避するための最善な方法とは、複数のデザインの名刺を使い分けることです。たとえば自分と似たような遊び心のある人向けの極めて個性的なもの、生真面目な人向けの無難で平凡な要素の強いもの、そしてその中間のタイプのもの、このように複数の種類を用意しておくのです。そして渡す相手によって、それらを適宜に選択して渡すのです。そうすれば、逆効果のリスクは確実に最小限に抑えられることでしょう。この方法こそは、個性的な名刺を活用する最善の方法ではないでしょうか。