真似したくなる名刺の作り方についてわかりやく紹介します

ビジネスシーンには必ず登場する「名刺」。あなたの周りのサラリーマンも皆必ず持っていますよね。名刺は初対面の挨拶だけでなく、自己紹介や連絡先の管理のために大事なものです。会社員の方もそうですが、特にフリーランスで活動をしている個人事業主にとって名刺は、自分の名前や仕事、売りを覚えてもらって、次の仕事につなげる重要なツールです。最近ではSNSのアカウントを入れた「個人名刺」を持つ方も少なくありません。パソコンを持っている方なら、ワードやエクセルを使って簡単にデザインすることができます。上級者はフォトショップやイラストレーターを使ってもいいですね。また、インターネット上でテンプレートを選んで、デザインから印刷まで行ってくれる業者もあり、簡単に名刺を作ることができます。

名刺の役割と、欠かせない記載内容

ビジネスシーンでもプライベートシーンでも、名刺交換をする目的は何と言っても「自分の名前を覚えてもらう」こと。そして、何かあったときに「すぐ連絡してもらえる」ようにすること。ですので、基本的な情報の記載は絶対に欠かせません。それが欠けていると名刺の意味がないですね。具体的には「名前」、「住所」、「電話番号」、「メールアドレス」、「会社のHPアドレス」あたりでしょうか。個人の場合は、ツイッターやフェイスブックなどのSNSのアカウントやブログのアドレスなどを入れている人もいます。電話番号やメールアドレスなどの連絡先はわかりやすく記載し、読みにくい名前にはふりがなを入れてあげることも大切です。読めない連絡先を確認しながらわざわざ連絡してくれることはありません。

さらに一歩!しっかり印象づけるためには

名前や連絡先を覚えてもらうだけではなく、何をしている会社なのか、何が得意な人なのかを名刺を使ってしっかり印象づけることも大切です。そのためには、基本情報だけでなく名刺のデザインもこだわりたいですね。たとえば、何の会社かわかりやすいように取扱い商材の写真や、サービスのイラストを入れる、イメージカラーを使う。担当者に親近感を持ってもらうために顔写真や似顔絵イラストを入れる、座右の銘やキャッチコピーを入れる。パッと見て触って「他とは違う!」と印象に残るように、名刺の形や素材をちょっと変わったものにしている人もいます。名刺はまだお互いのことをよく知らない初対面で渡すツールです。だからこそ、自分のことをしっかりアピールできる内容の名刺を作って、ビジネスやプライベートに活用していきましょう。