自分の好感度を上げる名刺の作り方

名刺は、自分を知ってもらうための第一歩でもあり、アピールできるツールでもあります。特にビジネスでの名刺は、自分だけでなく企業をもアピールできるため、新規顧客獲得や商談などでは必要不可欠でもあります。営業マンは、様々な企業や得意先の担当者から名刺をもらうことが多く、ケースに収まりきれない数を持っていることでしょう。その数多くの中から、自分をアピールするためには制作する際に好感度をアップできるようなものにすることも一つの手段です。商談を成立されるには、売り込む製品の良し悪しはもちろん重要ですが、担当する営業マンの信頼度や好感度も大きく左右されます。「この人となら契約したい」と思ってもらうためにも、まずは名刺にも工夫を凝らしまして他企業の営業マンと差をつけましょう。

相手の印象に残るような工夫を凝らす

好感度をアップさせるためには、まずは相手の印象に残す必要があります。名刺交換では、形式的に行っている方も多く頂いた名刺をしっかり確認することはあまりしないのが現状です。そのため、交換したその一瞬に印象として残す必要があります。印象に残るためには、インパクトも大切です。特にビジネスでは以前に頂いたものを見返しても、印象に残っていないとその人の顔を思い出すのは難しく、営業数が多ければなおさらです。そこで、営業マンの似顔絵を加えたデザインがおすすめです。企業名・氏名・肩書きなどだけその人の顔を思い出すのは困難ですが、ちょっとした似顔絵が添えられていれば思い出す確率も高くなります。一般的になデザインの中に一風変わったデザインのものを見つけると、目に留まりやすくその時のことも思い出しやすくなります。

もらってうれしい名刺で他との差別化を図る

女性やフリーランスで活動する方にとっては、自分をアピールでき同時にプレゼンテーションもできることから、名刺はとても大切な要素となっています。紙質を変えてみたり、カラーを取り入れるなど工夫を凝らしたものも多く登場しています。特にデザイン関係で働く方は様々な工夫をされています。今注目されているのが「香る名刺」です。やり方も簡単で、ケースの中に香り袋を入れておくだけです。紙に直接香料を染み込ませるわけではないので香りもきつくなく、心地良い香りになります。名刺専用の香り袋も登場しており、桐箱に入れてそのまま持ち運ぶことも可能です。香りのバリエーションも豊かなので、気分や雰囲気によって使い分けることもできます。香りは人をリラックスさせる効果をもっています。香る名刺を渡せば、相手への好感度もアップすること間違いなしです。